経理・アカウンティングの電子書籍

経理・アカウンティングの電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「経理・アカウンティングの電子書籍」はこの10冊です。

頭で考える前にやってみた人がうまくいく

■ハーバードも注目する
世界のトップエリートたちがこぞって学ぶ成功法則
グーグル、マイクロソフト、マッキンゼー、
マスターカード、モトローラ、シティグループ……。

これらの世界的企業に
共通するものがあるのですが、
何だと思いますか?

それは、
すべての企業のトップが
「印僑」であることです。

かつては、
ユダヤ人や華僑が独占していた
世界的企業のトップは、
今は、印僑たちが独占しています。

彼らがこぞって学び、使いこなしているのが、
インドで古くから伝わる成功法則
「ジュガール」です。

近年の印僑の目まぐるしい活躍を受け、
ジュガールは、
ハーバードでも注目されています。

ジュガールの中でも特に重要なエッセンスが、
本書のタイトルにも謳っている

■【頭で考える前に、やってみる】
です。

とはいえ、
ただ「やればいい」わけではありません。

そこには、
いくつか押さえておきたい重要ポイントがあります。

ジュガールを日本に初めて紹介し、
数々の成功を収めている著者が、
ジュガールに基づいた
「お金」「人間関係」「コミュニケーション」で成功する方法を
わかりやすく徹底的に伝授します。

行動は、言葉よりも雄弁に語る――。
それを実感し、すぐに行動したくなる1冊です。

お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?

■貯金ゼロでも大丈夫!!
本当は銀行員も教えたくないお金を増やす方法

【ケース1】
夫 48歳 会社員 年収520万円
妻 42歳 会社員 年収310万円
8年で2480万円の貯蓄に成功!

【ケース2】
夫 41歳 会社員 年収480万円
妻 41歳 パート 年収100万円
12年で2100万円の貯蓄に成功!

【ケース3】
夫 36歳 会社員 年収580万円
妻 38歳 主婦
半年で月額24万円の副収入が入るように!

【ケース4】
男性 32歳 年収490万円
3年で520万円の貯蓄に成功!

【ケース5】
夫 52歳 公務員 年収750万円
妻 51歳 専門職 年収790万円
3年で1300万円の資産形成と
家計収入800万円アップに成功!


■銀行や保険会社にお金を吸い取られる前に!
本当は銀行員も教えたくないお金を増やす方法
あなたは今まで、銀行や保険会社に言われるがままに
資産運用をしてきませんでしたか?

投資信託、貯蓄型保険、外貨預金、株式投資、ラップ口座・・・

いますぐ解約してください。

実は、日本には、あなたのお金を増やすプロはほとんどいません。
ほとんどが、あなたのお金を吸い取るプロです。

もし、ラップ口座や投資信託でお金を増やすことができるなら、
銀行が真っ先に実行しているでしょう。

銀行員に、「あなたもやっているのですか?」と聞いたら、
「お金がないのでできません」と見え透いた返答をするでしょう。

そして、大切なのは、資産運用ではなく、
「資産保全」です。

アメリカやイギリスの国民は、
資産保全についてお金の教育を受けているので、
1995年から2015年の間に、
金融資産を3倍に増やすことができました。

イギリス式の考えが定着している香港では、
平均年収が日本の半分なのに、
日本人の2倍の億万長者がいます。

実に、日本人の4倍のスピードでお金を増やしているのです。

そして、世界では常識の、
ほんとうにお金が増える方法をお伝えします。

今、貯金ゼロだという方でも大丈夫。

働いてさえいれば、月3万円はタネ銭をつくれる方法も伝授します。

また、5000円という子どものお小遣い程度の額から
始められる投資生活についてもお話しします。

お金を増やすには、時間を味方につける必要があります。

早ければ早いほど有利です。

■あなたのお金が増える3大無料プレゼント!

【1】あなたに必要な保険金額が一発で分かる!
P221に掲載の必要な死亡保険金額が分かる図表に
自動計算機能がついたエクセルシートをプレゼント。

【2】才能をお金に換える! 坂下式貯金&アクションワークシート
趣味、特技、小さい頃の夢などを入力するだけで、
あなたにピッタリな副業が分かります。

【3】元メガバンク行員が語るホントのトコロ
「口座開設するならどこの銀行が一番お得?」「クレジットカードのお勧めはどこ?」
など、タブーを破って元メガバンク行員が秘密を明かします。

※無料プレゼントは、お客様ご自身で別途お申し込みが必要です。
※無料プレゼントは、サイト上で公開するものであり、
 冊子などをお送りするものではございません。

ホントにゼロからの簿記3級 『ふくしままさゆきのホントに』シリーズ

本書はkindle本でのみ販売しております。
(最終更新日2016年12月11日)


【本書の3大特徴】
その1:実際の簿記検定3級のテーマにあわせて、各テーマごとを入門レベルで解説しているため、まさに「簿記3級」の「各テーマの基本事項」と「全体像」を把握するのに最適です!
     (本文は3時間程度、巻末の一問一答問題集は1時間程度で読めると思います。)

その2:監査法人や経理コンサルティングのみならず、経理実務や簿記講師も経験しているため、簿記検定受験のためであることはもちろんのこと、経理実務話もおりまぜて書かれています!
     (実は経理部経験のある者が簿記の本を書くことはナカナカ珍しいと思います)

その3:たくさんの簿記初学者の方へ簿記を教えてきた経験を踏まえ、多くの初学者の方がつまづきやすいポイントをおさえて書いてあります!

まさに初めて簿記を学ぶ方が簿記3級を目指すのに最適な入門書です!
可能なかぎりやさしく、そして図表をたくさん用いて解説しています!



私はこれまで、大学で講義したり、経理コンサルティング業のクライアントや知人からの依頼で、
初めて簿記を学ぶ方々に簿記を教える機会に多く恵まれました。
その経験をもとにして、この本をつくりました。


【内容紹介】
本書は、簿記・会計の知識が『ホントにゼロ』の方を対象にした本です。
とくに簿記3級受験を見据えている方を想定しています。

本格的な受験対策は、他の方々が書かれている書籍を是非参考になさってください!

本書はその前段階に位置する本で、
『簿記3級の各テーマで大切なことと全体像』を把握するための本です。

簿記は、どうしても決算を見据えて勉強しなければなりませんので、
まずは全体像を把握することが大切です!

いったん全体像を把握してから受験対策本を読んだ方が
結局は理解が早い!と思います。

本書は、
ホントに簿記・会計の知識ゼロの人が
たったの3時間程度で
簿記3級の主要テーマと全体像を把握
できるようにまとめてあります。

・まずは 電卓なしで
・スマホ・タブレットだけで
・電車内、コーヒーショップ、布団の中などで
マジメに楽しく、読むだけの簿記入門!

テーマも範囲も日商簿記3級に合わせてあります!


初学者の方がとっつきづらい点はだいたい共通しています!
・借方って左右どっちだっけ??
の覚え方なども収録してあります。


多くの初学者の方が共通にもつギモンにもお答えしています!
・そもそも当座預金って??
・え!?受取手形って手形じゃないの??
・そもそも伝票ってなんで何種類もあるの??
・決算ってナニ??

さらに!
簿記は実学です!
実務の話もたくさん盛り込んであります!
(経理実務のハナシって、簿記の本に書いてありそうでナカナカ書いてなかったりしますよ!)

入門の入門はまずこの一冊で!

やりなおしのヒトも大大大歓迎です!
従来のテキストとは一味違うと思います!ぜひ読んでください!

簿記検定試験も学問も
そして簿記の講義も経理実務も会計監査も
すべて経験してきた著者ならではの一冊!



本書は2部構成になっています。
【目次】
第Ⅰ部 簿記入門の入門編
Step1の前に
Step1 簿記?会計?どうちがうの?
Step2 複式簿記とは?
Step3 5つの概念を覚えよう!
Step4 実際に仕訳をつくってみよう!
Step5 仕訳に慣れよう!
Step6 商品売買を仕訳しよう!
Step7 決算ってナニ?

第Ⅱ部 簿記3級入門編
チャプター1  簿記3級入門のために
チャプター2  現金
チャプター3  預金
チャプター4  商品売買
チャプター5  手形
チャプター6  有価証券、固定資産、その他
チャプター7  資本金
チャプター8  決算の具体的な作業
チャプター9  決算整理仕訳1/3
チャプター10 決算整理仕訳2/3
チャプター11 決算整理仕訳3/3
チャプター12 伝票
おわりに

各章の章末に一問一答の問題がいくつかあります。理解のご確認にお役立てください。



なお、『朝10分で差がつくちょこっと簿記』というタイトルの紙の書籍がありますが
これは本書の学習内容自体はそのままに、
イラストやマンガをふんだんに取り入れて、さらに楽しく学習できるようにしたものです。
マンガやイラストがあった方がよいという方は、
『朝10分で差がつくちょこっと簿記』をお読みいただければと思います。




【著者紹介】
会計学専攻(修士) 学生時代に米国公認会計士取得。
社会人になり公認内部監査人試験合格

東証一部・ニューヨーク証券取引所の両市場上場の日本企業経理部で経理実務、
国内大手監査法人国際部にて会計監査・内部統制コンサルティングに従事。
その後独立し、経理コンサルティング業を開始。
現在、国内企業にて事務部門統括責任者。
また、大学で会計学を教えたり、監査法人内の新人研修のインストラクターを務めたり、顧客先で簿記や内部統制の勉強会を開催したり、と
教えることの経験も豊富。

仕事の傍ら、外国人に日本語を教えるボランティアをしています。
本書もとくに営利目的というよりも
『こんな本があったらいいな』を実現させたものです。

副業を始めた人・会社以外に収入がある人のための自分でできる確定申告と節税の仕方: 株式投資・投資信託・FX・ソーシャルレンディング分配金・不動産投資・印税・原稿料・アフィリエイト・ネットオークション・せどり・内職・アルバイト、マイナンバー・ふるさと納税に対応

謎の金持ちお嬢さんと税理士の著者による、リアルな「確定申告」と「節税」の手引き。

◎そうだ、税理士に聞こう
「副業を始めたんだけど、確定申告ってしなきゃいけないの?」と言い出した、所得が多すぎる
謎の金持ちお嬢さんと税理士の著者がストーリー形式で問題解決。

◎最速で確定申告できる!
「自分で」「最速で」確定申告することを目的としているため、無駄なコラムなど一切なし。
 この本を読みながら実際に手を動かせば、最後に本当に確定申告書の提出までできます。

◎ありがちなケースに対応
 株式投資や投資信託、FX、不動産投資、印税、原稿料、アフィリエイト、ネットオークション、
せどり、内職、アルバイトからソーシャルレンディング分配金まで、さまざまなケースに対応。

◎こんな所得が出てきます
 収入ごとにどの所得にすべきか、主に「利子所得」「配当所得」「譲渡所得」「不動産所得」
「給与所得」「雑所得」が出てきます。フリーランスと副業の「事業所得」の考え方の違いも解説。

◎電子書籍だから圧倒的に安い!
「税理士にお願いすると高い」「確定申告なんかさっさと終わらせて早く仕事したい」という
副業の方・会社以外に収入がある方のニーズに最適な一冊です。


<目次>

はじめに
1. 確定申告ってなに?
2. 10種類の所得ってなに?
 節税ポイント1
3. 副業で株をやっている場合
4. 本業で会社に勤めている場合
5. 作家ではないけど印税がある場合
6. FXで一山当てた場合・大損した場合
7. 不動産オーナーデビューした場合
 節税ポイント2
 節税ポイント3
 節税ポイント4
8. 青色申告決算書・収支内訳書ってなに?
 節税ポイント5
 節税ポイント6
 節税ポイント7
 節税ポイント8
9. 収入は隠していいの?
10. 経費はどこまで落とせるの?
11. 医療費控除ってなに?
 節税ポイント9
12. 税額控除ってなに?
13. 所得税ってそういう仕組みだったのか!
14. 消費税ってなに?
15. でもやっぱ心配なんですけど…
おわりに
著者紹介


<著者紹介>

柳澤賢仁(やなぎさわけんじ)
慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程を修了後、アーサー・アンダーセン税務事務所、KPMG
税理士法人を経て、2004年に独立。自身も税理士業をベースに複数の副業を行う。
「副業はインターネット世代の新しい働き方」「副業をしているひとの中にこそ明日のスーパー
スターがいるはず」と、日々、起業家やスタートアップ、ベンチャー企業、ビジネスモデルを
研究し、積極的に情報発信を行っている。
独立後に支援したスタートアップのなかから2社のIPO(株式公開)が実現(2016年現在)し、
現在も起業家の海外進出支援やビジネスモデル構築、ベンチャーファイナンス、M&Aなど幅広い
分野で支援を行う。
ベンチャー三田会発起人。
第30回(平成19年度)「日税研究賞」(税理士の部)を当時史上最年少(当時30歳)で受賞。
主な著書に『お金持ち入門』(共著)、『資金繰らない経営』などがある。


柳澤国際税務会計事務所のウェブサイト:
https://www.yanagisawa-accounting.com/

無料メルマガ『税理士がそっと教えるあの人が儲かっている本当の理由』を配信中。

あなたの会社のお金の残し方、回し方

■なぜあの会社は、お金に困らなくなったのか?

激動する経済状況のなか、
「先行きが見えない」「どうしていいかわからない」
といった不安でいっぱいの
中小・零細企業の経営者があふれています。

その不安の一番の根源が、
「会社のお金」問題です。

いわゆる
【資金繰り】と【銀行交渉】です。

世の中には、
企業再生会社、コンサルタント、
アドバイザーなどが多く存在し、
関連書籍も多く出ています。

にもかかわらず、
本書の著者のもとに相談に来る
経営者があとを絶ちません。

それは、なぜか?

著者はかつて、140億円の負債を抱えていたのですが、
8年かけて負債ゼロ、個人保証ゼロ、自己破産せずに
自立再生した経営者で、実践経験をしてきたからです。

先に挙げた
世の中に存在する企業再生会社やコンサルタントは、
会社の経営経験がなく、事業資金を借入をしたことがない
コンサルタントや元銀行員、士業の人がほとんどで、
会社を経営して、借金をし、
自らの力で事業再生して完全復活を果たした経験がないのです。

本書では、
著者自らの会社経営&莫大な借金の経験と
100社以上の中小企業経営者を救ってきた
戦略的な【資金繰り】と【銀行交渉】のノウハウを
一挙公開します。

本書に書かれている内容は、
銀行はもちろん、
巷の企業再生会社も士業も専門家も教えてくれません。

銀行がお金を貸したくなる会社の
経営者がやっている秘策を、
ぜひ本書で完全マスターしてください。

「もう、『会社のお金』問題で悩まなくていい」
を実現する1冊です。

【主要目次】
◎第1章:経営者が知っておきたい銀行の「真」常識
◎第2章:銀行交渉前に必ずやっておきたい準備と知恵
◎第3章:経営者が資金繰りでやってはいけないこと
◎第4章:銀行がお金を貸したくなる交渉術
◎コラム:三條メソッドで、「会社のお金」問題を解決した経営者たち

誰でも手軽に始められるスマホ副業術 〜経験なし・時間なし・資金なしでもできる月収10万円の稼ぎ方〜

がん宣告から九死に一生を得て、
月商1億円を稼ぐまでに
至った男のストーリーここにあり。

あなたは、もし明日死ぬとしたら、
後悔しない人生を送れていますか?

私は、がん宣告を受けるまでは、
やりがいのない、つまらない人生を生きていました。
あのままでは、後悔する人生を生きていたでしょう。

しかし、九死に一生を得てから、
やりたいことをやる人生を選択し始めました。

その結果、今は後悔のない人生を送れています。

私がやっている副業は、
経験なし・時間なし・資金なしでもできるものです。

スマホ1つでできてしまいます。
まさしく、誰でも手軽に始められます。

しかも、初月から月収10万円稼ぐことができます。
もう一度言いますが、時間がなくてもできるんです。

あなたは、もし今の収入+10万円を稼いだら、
何に使いたいですか?

それを本当に叶えたいなら、
あとはやるだけ、前に進むだけです。

でも、1人で始めるのは不安だと思います。

なので、その夢を叶えるために、
私に応援させてもらえませんか?


【目次】
第1章 なぜ、多くの人は人生を変えたいと思っても変えられないのか?
・理由1 副業するにあたっての経験がないため
・理由2 副業に使う時間がないため
・理由3 副業に使う資金がないため
・理由4 共に成長していく仲間がいないため
・もし、あなたが4つ全てクリアしたら稼げますか?

第2章 経験なし・時間なし・資金なしでもできるせどりビジネスとは?
・今一番稼ぎやすい「メルカリ」を使う
・メルカリとAmazonには価格差のある商品がたくさんある
・スマホ1つでできるから、通勤時間中にもできる
・仕入れにかけるお金を最小限に抑える方法がある

第3章 手軽にスマホ1つで稼ぐ3ステップ
・STEP1 メルカリで「儲かる」商品をリサーチして仕入れる
・STEP2 1出品たった3分!仕入れた商品をAmazonに出品する
・STEP3 やることほぼなし!売れた商品を、購入者に発送する
・あとは売れれば売れるほど、お金が振り込まれていくのを待つだけ
・多くの商品を仕入れて売るほど、だるま式に収入が増えていく

第4章 やれば月収10万円は稼げる!必要なのはやるか、やらないかの選択だけ
・もし、今の収入+10万円を稼いだら何に使いたいですか?
・やれば誰でも稼げる、行動すれば人生が変わる
・やりたいことをやって楽しい人生を送りたいか、やりたいことをやらずにつまらない人生を送りたいか


【著者プロフィール】
斉藤啓太 (さいとうけいた)
 
1978年生まれ。千葉県在住。
 
32歳の、アパレル会社での会社員時代に悪性のがんと診断される。
治療の結果、奇跡的に回復する。
 
その時に「人生は一度きり。もう二度と後悔のない人生を生きよう」
と決め、せどりを始める。
 
資金5万円から始め、月商100万円を超えてから独立。
現在は月商1億円を達成している、現役せどりプレーヤー。

そして、せどりの学校ドットコムを運営する
ゼロワンコンサルティング株式会社の代表取締役という顔も持つ。

管理会計がわからなくて大丈夫ですか?: 30代から始める経理マンの生き残り戦略

クラウド会計、アウトソーシング、AI、これらの一層の進展が経理マンから近い将来職を奪います。もはやそのことは確定した未来、単なる時間の問題と言えます。では経理マンはどうするべきか?そのひとつの解をこの本でお示ししています。
単なる高度な会計技術では生き残ることはできません。法律や基準を厳密に理解し適用するだけなら人間よりもコンピュータの方がはるかに良い仕事をします。
目指すべきは、経営的視点を持ち、経営者と管理者その他組織の構成員に寄り添い、企業の繁栄を強力に支援できる企業参謀です。
そのための王道(楽な道)はありません。地道に自らを磨くことでしかそれは実現しません。
しかし、効率的にこれを目指す方法はあります。
この本では、管理会計の経営的な機能をいくつかの事例を使ってお示しすると同時に、今後経理マンの皆さんがどう自らを高めるべきか、そのポイントについてコンパクトに解説しています。

目 次
プロローグ~あなたが変わらなければならない社会的背景~
経営がわからない経理屋さんに未来はない
経理担当者は浮いた存在になっていないか?
十年一日のごとく 
経営の意図は何か?
管理会計とは何か?
経営を支援する管理会計
全ての基本となるCVP分析とは
セグメント会計と戦略的視点
事業の性格の違いと業績評価
意思決定と未来原価
原価と価格
事業部の業績、事業部長の業績
財務のマネジメントから戦略のマネジメントへ
経営戦略論、基本の基本
モチベーション理論と管理会計
エピローグ~経理マンの生き残り戦略~

フリーランス・個人事業主の友だちに教えたい自分でできる確定申告と節税の仕方: マイナンバー・ふるさと納税・副業に対応

フリーランスの友だちと税理士の著者による、リアルな「確定申告」と「節税」の手引き。

◎そうだ、税理士に聞こう
「確定申告めんどくせー」「そもそもなにから始めていいかすらわかんねー」と言い出した
フリーランスとその友だちの税理士の著者がストーリー形式で問題解決。

◎最速で確定申告できる!
「自分で」「最速で」確定申告することを目的としているため、無駄なコラムなど一切なし。
 この本を読みながら実際に手を動かせば、最後に本当に確定申告書の提出までできます。

◎ありがちなケースにも対応
 副業でビジネスを始めた人など、事業所得のほか給与があるケースにも対応。
 さらに、マイナンバー・ふるさと納税にも完全対応。節税のポイントも。

◎電子書籍だから圧倒的に安い!
「税理士にお願いすると高い」「確定申告なんかさっさと終わらせて早く仕事したい」という
フリーランス・個人事業主・副業の方のニーズに最適な一冊です。


<目次>

はじめに
1. 確定申告ってなに?
2. 青色申告ってなに?
 節税ポイント1
 節税ポイント2
 節税ポイント3
 節税ポイント4
3. 所得ってなに?
 節税ポイント5
 節税ポイント6
 節税ポイント7
4. 売上は隠していいの?
5. 経費はどこまで落とせるの?
6. 事業所得ってなに?
7. 実は副業なんだけど...
 節税ポイント9
8. 医療費控除ってなに?
 節税ポイント10
9. 税額控除ってなに?
10. 所得税ってそういう仕組みだったのか!
11. 消費税ってなに?
12. でもやっぱ心配なんだけど...
おわりに


<著者紹介>

柳澤賢仁(やなぎさわけんじ)
慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程を修了後、アーサー・アンダーセン税務事務所、KPMG
税理士法人を経て、2004年に独立。
「大きくなったあのベンチャー企業も最初はフリーランスに近かった」「フリーランスのひとの
中に明日のスーパースターがいるはず」と、日々、起業家やスタートアップ、ベンチャー企業、
ビジネスモデルを研究し、積極的に情報発信を行っている。
独立後に支援したスタートアップのなかから2社のIPO(株式公開)が実現(2016年現在)し、
現在も起業家の海外進出支援やビジネスモデル構築、ベンチャーファイナンス、M&Aなど幅広い
分野で支援を行う。
ベンチャー三田会発起人。
第30回(平成19年度)「日税研究賞」(税理士の部)を史上最年少(当時30歳)で受賞。
主な著書に『お金持ち入門』(共著)、『資金繰らない経営』などがある。


柳澤国際税務会計事務所のウェブサイト:
https://www.yanagisawa-accounting.com/

無料メルマガ『税理士がそっと教えるあの人が儲かっている本当の理由』を配信中。

独学応援!ホントにわかる!簿記2級工業簿記 『わかってうかる』を目指す人のための解説書 『ふくしままさゆきのホントに』シリーズ

【本書はkindle本でのみ発売しております】
最終更新日2017年1月1日


・工業簿記・原価計算の全体像がよくわからない方
・「こうやります」的な解説ばかりで納得がいかず、「何故そうなるのか?」を理解・納得して解きたい方
こういった方々に本書は是非オススメです!



【工業簿記・原価計算を勉強したことのある方へ】
ちょっと考えれば、いろいろな疑問がわきませんか?

・予定価格法は、実際原価計算でしょうか?それとも標準原価計算でしょうか?

・勉強した「総合原価計算」は、全部実際総合原価計算とは同一のものなのでしょうか?

・勉強した「標準原価計算」は、全部原価計算ですか?直接原価計算ですか?
 総合原価計算ですか?個別原価計算ですか?(そういう視点で学習しましたでしょうか?)

・部門別個別原価計算って何のためにやっているのでしょうか?
 (部門別にコストを把握して原価管理に役立てるため??)

・変動費のグラフはなぜ直線なのでしょうか?
  曲線もあってもいいのではないでしょうか?
  (実社会での費用・原価は、多くの場合、一直線にはならないですよね?)

・製造直接費は変動費なのでしょうか?

・経費に関して「原価差異」を算出しましたか?(算出していないことに気がつきましたか?)

・「原価になる」とは、結局はどういうことなのでしょうか?

これらは、大半のテキストで省略されがちな事項や、なかなか気が付かなかったりする事項です。
他のテキストではお目にかかることの(少)ない事項だったりしますが、正確な理解のためには必要な事項です。

本書では、このような、初歩的な「そもそも論」や「疑問点」にも対応すべく書かれています!



また、工業簿記・原価計算は、全体像がわかりづらい分野です。
本書で全体像と基礎知識をしっかり身につけてみませんか?
原価計算の全体像を一覧表にしてあります!(他の本ではほとんど見かけません!)
実は簿記2級工業簿記では、『○○原価計算』がたくさん出てきますので、初めての人は
「原価計算って何種類あるの?」
「今何をやっているの?さっきとどう違うの?」
「全体像のうちどの辺りなの?っていうかそもそも全体像がわからない、、、」
と迷子になりやすい分野です。 いち早くひと通り勉強することをオススメします!





●本書は応用論点や細かい論点をあえて省いています。その分「そもそも論」や「そういえば」的な内容を省かずに説明しています。
本質・基本事項に特化することにより全体像をしっかり把握できるようにしてあります。
章末問題も含めて8~12時間程度で読めると思います。

●カラフルな図を豊富に使って説明しています。同じ図を繰り返し登場させて理解を促しています。
またカタクルシクならないよう、講義をLIVEで受講しているような感覚で読めるよう配慮しています。

●各Chapterの最後には確認問題がついています!


本書には、随所に図や表が用いられています。
また、(本書に限らないことですが)工業簿記の練習問題の問題文はどうしても長めになってしまいます。
したがってスマホなどの小さい画面で読むと見づらい箇所もあろうかと思います。
また、前著と異なり、電卓なしでとはいきません。ご了承ください。



【目次】
Chapter 1 商業簿記と工業簿記と原価計算、どう違うの?
Chapter 2 原価とは
Chapter 3 材料費の基礎
Chapter 4 労務費の基礎
Chapter 5 経費の基礎
Chapter 6 製造間接費の基礎
Chapter 7 個別原価計算の基礎 
Chapter 8 総合原価計算の基礎(その1)
Chapter 9 総合原価計算の基礎(その2)
Chapter10 総合原価計算の基礎(その3)
Chapter11 標準総合原価計算の基礎
Chapter12 CVP分析の基礎
Chapter13 直接原価計算の基礎
Chapter14 部門別個別原価計算の基礎




【著者紹介】
会計学専攻(修士) 学生時代に米国公認会計士取得。
社会人になり公認内部監査人試験合格

東証一部・ニューヨーク証券取引所の両市場上場の日本企業経理部で経理実務、
国内大手監査法人国際部にて会計監査・内部統制コンサルティングに従事。
その後独立し、経理コンサルティング業を開始。
現在、国内企業にて事務部門統括責任者。

仕事の傍ら、外国人に日本語を教えるボランティアをしています。
簿記検定の他、法律の入門書なども執筆しています。

恐慌化する世界で日本が一人勝ちする

■「世界VS.日本」の構図のなかで、日本があらゆる分野で牽引する
世界情勢はこれから混沌を迎える。
新大統領トランプの誕生で孤立主義へ向かう米国、
イギリスのEU離脱で離脱派が台頭する欧州、
大手百貨店が軒並み閉店する中国、
サウジ王室が崩壊の危機に瀕する中東、
北方2島返還を持ちかける貧国ロシア……。
そして、リーマンショック以降、出口戦略を終えていない世界は、
これまで日本が経験した「失われた20年」を迎えることとなる。
銀行の大再編、長期デフレ、高齢化社会を経験してきた日本が、
今後、あらゆる分野で世界をリードしていく状況は整っている。
これをさらに後押しするのが、日本の長期政権である。
安倍内閣は外交でもイニシアティブをとり、日本の技術を売り込む。
内政では、岩盤規制に風穴を開け、次なる経済成長へ向かっている。
世界が恐慌化するなかで、日本が一人抜け出す時代がやってくる。


2020年までに日経平均3万円時代へ!
日本がすでに出口戦略を終え、新たなステージへ向かうなか、
世界の恐慌を乗り越えて2020年には日経平均3万円時代に突入する。
これは単なる絵空事ではない。
安倍外交のイニシアティブに加え、アベノミクスが掲げる成長戦略が動き出すからだ。
その主要な要因となるは、日本国内に眠っている400兆の金が動き出すかどうか。
現在、日本では企業の内部留保360兆円、いわゆるタンス預金40兆円が、
流動しない金として眠っている。
この一部でも動き出せば、日本経済は飛躍の一途をたどる。
マイナス金利政策も400兆円を動かす施策の1つである。
また、日本が新しいステージを迎える要因はまだまだある。
高齢化社会の克服、長期資金でのインフラ需要、
日本海に眠るメタンハイドレードと金、
ロボット・人工知能やバイオテクノロジーなど、
未来を変えるステージにいち早く漕ぎ出すのは、日本しかないのだ。


目次
序 章 あらゆる分野で世界を牽引していく日本
─私は慎重な楽観主義者である─

第1章 経済に不透明感がぬぐえない米国
─新大統領誕生で問われる手腕

第2章 負のループから抜け出せない欧州、中国、中東、ロシア
─恐慌化する世界で日本はどう進むべきなのか?─

第3章 安倍政権が国内外に風穴を開ける
─日本経済が動き出し、世界が変わる─

第4章 日本金融の底力が世界に認められる日
─日経平均は2020年までに3万円へと向かう─

第5章 日本一人勝ちの世界がやってくる
─未来を変える相場の行方─

特別付録 未来を見据えた注目の推奨株

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com