ビジネス・経済の電子書籍

ビジネス・経済の電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「ビジネス・経済の電子書籍」はこの10冊です。

生涯投資家 (文春e-book)

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。

本書は、株の世界に復帰し動向が注目されている村上氏の、最初にして最後の著書で、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方とは。

【目次】
はじめに――なぜ私は投資家になったか
第1章 何のための上場か
・・・官僚として見た上場企業の姿/コーポレート・ガバナンスの研究 ほか
第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス
・・・私の投資術/累積投票制度を導入せよ――東芝の大きな過ち ほか
第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む
・・・決戦の株主総会 ほか
第4章 ニッポン放送とフジテレビ
・・・私が見たライブドア対フジテレビ ほか
第5章 阪神鉄道大再編計画
・・・西武鉄道改革の夢――堤義明氏との対話/阪神タイガース上場プラン――星野仙一氏発言の衝撃
第6章 IT企業への投資――ベンチャーの経営者たち
・・・楽天――三木谷浩史氏の積極的なM&A/ライブドア――既得権益に猛然と挑んだ堀江貴文氏 ほか
第7章 日本の問題点――投資家の視点から
・・・日本の株式市場が陥った悪循環 ほか
第8章 日本への提言
・・・コーポレート・ガバナンスの浸透に向けて/世界一の借金大国からの脱却 ほか
第9章 失意からの十年
・・・東日本大震災について/フィンテックへの投資 ほか

多動力 (NewsPicks Book)

堀江貴文のビジネス書の決定版!『多動力』

Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。
「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

「はじめに」より

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

作家であり、社会評論家でもある橘玲氏の集大成ともいえる内容で、初めて「ひとの幸せ」について真正面から取り組んでいます。
 幸福であることを条件づけるものは、「自由」「自己表現」「共同体=絆」の3つである。
 橘氏は、「幸福」は、しっかりした土台の上に設計するべしとし、その人生の「インフラストラクチャー」を前述の3つに対応させて、以下に求めます。
「金融資産(資本)」「人的資本」「社会資本」。
この3つの資本の組み合わせによって生まれる「人生の8パターン」によって、すべてのひとびとの「幸福」のカタチが説明できるとしています。社会資本(中学からの友達ネットワーク)しかない田舎のマイドルヤンキーは、「プア充」。「友だちネットワーク」から排除されるとたちまち3つとも持っていない「貧困」に陥る。金融資産がなくても、高収入を得られる職業につき、友だちや恋人がいれば、人的資本と社会資本を持っている「リア充」。人的資本と金融資産があって社会資本がないのは、「金持ち」の典型、という具合。3つの資本をすべてそろえることは難しいが、せめて2つをそろえれば「幸福」といえる状態になるのではないか。では、どうすれば2つをそろえることができるのか…、そして「幸福」になれるのか、3つの資本を解説しながらその答えを追いかけます。

リクルートの すごい構“創”力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド

「リボンモデル」「不の発見」「価値マネ」「ぐるぐる図」「価値KPI」「型化」……
次々と新しい事業を生み出す「リクルート式」を、
トップコンサルタントが徹底分析!

数々の新規事業を生み出してきたリクルート。
「結局リクルートだからできるのであって、我が社には役立たない」と思い込んでいる人たちは少なくない。
しかし、それは大きな誤りだと著者は言う。

リクルートには、個人のアイデアを拾い上げてブラッシュアップし、
驚異的なスピードと爆発力で展開するしくみを組織全体で共有しているのだ。

昨今話題の「リーン・スタートアップ」「アジャイル」と似た手法を、
シリコンバレーに先駆けて実践していたのがリクルートである。
本書は、第一線の戦略コンサルタントが、その手法を分析し、一般の企業に応用する方法を解説する。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略


■16万部突破! ずっと売れてます!
■テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK総合「おはよう日本」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」など各メディアで大反響!
■読者が選ぶビジネス書グランプリ2017にて、総合グランプリ受賞!
■ビジネス書大賞2017にて、準大賞受賞!
■「人生100年時代」ムーブメントのバイブル!
■反響の声続々! あらゆる世代から圧倒的支持!

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●各人のアイデンティティが変わっていく。

《世界を代表する知識人が称賛!》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)


【目 次】
日本語版への序文
序 章 100年ライフ
第1章 長い生涯――長寿という贈り物
第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊
第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方
第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの
第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる
第6章 新しいステージ――選択肢の多様化
第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか
第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ
第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる
終 章 変革への課題

システムを「外注」するときに読む本

★山本一郎氏激賞★

→「パッケージであれ逸品もの開発であれ買収先とのシステム統合であれ、行きつくところは

『どういうシステムに仕上げて、どういう効果を上げるのが目的の開発なのか』が

きちんと発注者側がイメージできていないと死なのであります」(以上抜粋)



◆70以上のトラブルプロジェクトから「失敗の本質と原因」を網羅し、


成功のポイントだけを抽出した7つのストーリー




◆システム開発プロセスに潜む「地雷」を知り尽くしたトラブル解決請負人が、

成功率を「3割」から「9割」に上げたスキルと知識をギュッと凝縮!




◆ビジネスモデルや業務プロセスのIT化が勝敗を分ける時代に、

会社を幸せにして、みんなに感謝され、評価される

かつてない経営者・システム担当者・プロジェクトマネージャー・CIOの必携書!



知識ゼロからでもエッセンスを獲得できる、「発注者」に向けた空前の入門書です。






「このままじゃ納期に間に合わない! 」

「当初の予算に収まらない! 」

「完成したシステムの使い勝手が悪すぎる! 」



企業や組織のシステム開発は、少し前まで「成功率3割」だったほど、

失敗する可能性が異常に高いプロジェクトです。



その最大の原因は、



「お客様 vs 受注者」

「システムの素人 vs システムのプロ」

「この通り作ってください」vs「 はい、わかりました」



そういう対立した関係の「壁」を乗り越え、

協力してシステムを作る方法を、

誰も教えてくれなかったことにあります。



本書は、大手ベンダーでのプロジェクトマネージャー、

ITプロセスコンサルティング職を経て、

東京地方裁判所、東京高等裁判所のIT専門委員として

ITトラブルが法的紛争となった事件の和解調停や裁判の補助を担当し、

トラブルを裁判に発展させずに解決に導いた確率が9割を超え、

現在は政府CIO補佐官として政府系機関システムのアドバイザー業務に携わる、

システム開発に潜む地雷を知り尽くした「トラブル解決請負人」が、

大小70以上のトラブルプロジェクトを解決に導いた経験を総動員し、

失敗の本質と原因を網羅した7つのストーリーから成功のポイントを導き出す1冊。



本書を読み、あなたが「お客様」から「プロジェクトメンバー」になったとき、

システム開発はグッと成功に近づきます。





【本書のおもな内容】

●要件定義に欠かせない「業務フロー図」の書き方

●「プロジェクト管理能力」でベンダを見極める方法

●ベンダが一緒に仕事したくなる発注者、見捨てたくなる発注者

●プロジェクトメンバーの「モチベーション」の上げ方

●社員の意識を変えるために「経営トップ」がやるべきこと

●みんながシステム担当者に 協力してくれる「しくみ作り」

●トラブルを回避する「リスク管理プロセス」

●ダメージを最小限に抑える「セキュリティ対策」





【すぐに役立つチェックリストやツールも満載】

★システム開発プロジェクトにおける発注者の役割一覧

★プロセス別:発注者のおもな作業一覧

★要件定義で最低限確認しておくべきチェックリスト

★ベンダが作るプロジェクト計画書とプロジェクト管理計画書の記載項目例

★要件の必要性・十分性をチェックするための3ステップ

★プロジェクトのリスクを管理するプロセス

★プロジェクトのリスクを発見するチェックリスト

★「フィーリングマップ」の使い方

★「Goサイン」を出す社長の思考を予測する方法 など





本書の構成(※詳細はもくじページへ)

第1章 システム作りは業務フローから〜「本当に役に立つシステム」を作るために、まずやるべきこと

第2章 発注者に最低限必要な知識〜自社の業務を「正確に」知っているか?

第3章 失敗しないベンダ選びのポイント〜プロジェクト管理能力の見極め方

第4章 社内の協力を得るために〜みんながシステム担当者に協力するしくみ作り

第5章 リスク管理で大切なこと〜「ベンダ側のリスク」の引き出し方

第6章 ベンダとの適切な役割分担〜発注者はどこまで「ワガママ」でいられるのか?

第7章 情報漏えいを起こしてしまったら〜ダメージを最小限に抑える対応法

すごい効率化

最小の時間と労力で最大の成果を出す仕事の効率化メソッドを、14日間のプログラム形式で伝える画期的企画。 無駄なく効率的に仕事をこなす裏技が満載。

嫌われる勇気

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、
哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、
臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。
対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。

週刊ダイヤモンド 2017年6/24号 [雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なります。ご注意ください。
また、連載小説など著作権等の問題で掲載されないページがあります。あらかじめご了承ください。

特集
相続・副業の欲望につけこむ
不動産投資の甘い罠

Part1 不動産投資"活況"の構図とリスク
Part2 相続編 あなたの親は大丈夫? アパート建設の甘い罠
Part3 副業編 年金・副業にふさわしい? マンション投資の真贋
Part4 高いリテラシーが必須 勝ち組投資家への道

特集2
今年こそ質問しよう!
2017年 株主総会の歩き方

特集3
進化するアルファ碁
グーグルが狙うAI覇権

Close Up 
米追加利上げが呼び起こす サブプライムの悪夢と不安

ダイヤモンドレポート
知られざる医師への抜け道
医学部「編入」と「転部」

株価を見ない株式投資 上: ~中長期投資への手引き~

中長期投資の入門~中級書!

「中長期投資をはじめてみたいけれど、何から手をつければいいのか分からない。。。」 
「いざはじめたけれど、行き詰っている。。。」

そんな方が対象の手引書です。章を読み進めていけば、投資スタイルを確立できる。そんな構成になっています。

上巻では0~2、下巻では3~9をカバーする予定です。

~上巻~
0、中長期投資とは? そして、なぜ中長期投資なのか
a)中長期投資の定義
b)中長期投資が優位である理由
c)成長するパイの2つの構成要素
d)成長株投資の理由
1、運用目的を立てる
2、銘柄の探し方
a)理想の銘柄とは
b)収益レベルでの企業分類
c)費用構造から企業・産業を見る
d)財務諸表
e)ビジネスモデル
f)四季報の読み方

~下巻~
3、銘柄の調べ方
4、買い
5、売り
6、リスク管理
7、投資ツール・サイト
8、ジャンル別書籍など
9、おわりに

・著者
さっかく

2007年:FXをはじめる
2010年:株式投資へ転向
2016年:個別株に加え、先物・オプション利益も貢献し2010年比で資産10倍達成

Twitter
@sakkaku2013

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com