カメラ雑誌の電子書籍

カメラ雑誌の電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「カメラ雑誌の電子書籍」はこの10冊です。

デジタルカメラマガジン 2017年1月号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

[特集1]写真家55人が伝授する“一歩上を行く”表技&裏技「明日から使える プロの技99」
[特集2]月のある風景をドラマチックに写すためのテクニック「夜の絶景写真 月のある風景編」
[TECHNIQUE]静と動を極めたオールジャンルミラーレス「FUJIFILM X-T2 FILES」
オリンパス OM-D E-M1 Mark IIで写す「0.0555555556秒の奇跡」
[PICK UP]メディア向け体験会で全貌が見えてきた注目の中判カメラを河田一規がCHECK!!「富士フイルム GFX最新詳報」
425点の高速AFとボディ内手ブレ補正搭載した爆速APS-C「ソニー α6500」
[NEW FACE REPORT]シグマ 85mm F1.4 DG HSM Art/ケンコー・トキナー FiRIN 20mm F2 FE MF/カールツァイス Loxia 2.4/85
※電子版には紙版付録の卓上カレンダーは付属いたしません

デジタルカメラマガジン 2014 お試し版[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【別冊無料版】2014年9月号ちょい読み+2014年5月号~8月号の特集
合計50ページ超え


■2014年9月号
[特集1]光がもっともドラマチックな瞬間、それが朝日と夕日
「朝と夕の写真」 など 立ち読み約10ページ

■2014年5月号
[特集2]プロカメラマンが初心者でも簡単に撮れるテクニックを直伝
絶対失敗しない「かわいいネコの撮り方~家ネコ&街ネコ攻略~」

■2014年6月号
[特集3]プロカメラマンが初心者でも簡単に撮れるテクニックを直伝
絶対に失敗しない「新緑風景の撮り方」

■2014年7月号
[特集3]平林美紀が初心者でも簡単に撮れるテクニックを直伝
絶対失敗しない「まきばの撮り方」

■2014年8月号
[特集3]青い空と白い雲が織りなす絶景ロケーションガイド
「夏空が似合う風景」

デジタルカメラマガジン 2017年3月号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

【初回限定セール】2017年2月26日まで

[特集1]美しき桜を撮るための撮影テクニック&撮影地ガイド「桜の絶景写真 -日本ベストセレクション100」
[PICK UP]話題の5,140万画素中判ミラーレスを自然風景&ポートレートで実写検証「富士フイルム GFX 50S」
クラシカルデザインのAPS-C機「リコー PENTAX KP」
フィルムライカ並みに薄くなったM型最新モデル「ライカ M10」
[NEW PRODUCT REVIEW]機動力と画質を兼ね備えたフラッグシップ「パナソニック LUMIX GH5」
X-T2のエッセンスとコンパクトに凝縮した中級機「富士フイルム X-T20」
エントリーモデル兄弟機2機種を徹底比較「キヤノン EOS 9000D&EOS Kiss X9i」
M3相当のスリムボディにM5の最新機能を凝縮「キヤノン EOS M6」
撮像素子と画像処理エンジンを一新したプレミアムコンパクト「富士フイルム X100F」
小型プレミアムG9Xがさらに軽量化!「キヤノン PowerShotG9X Mark Ⅱ」
手ブレ補正と新型モーターが魅力の超広角ズーム「タムロン 10-24mm F/3.5-4.5 Di Ⅱ VC HLD」
約5段分の手ブレ補正に対応した大口径望遠ズーム「タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2」

デジタルカメラマガジン 2016年12月号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

[特集1]
写真家30人に聞いた究極の選択とは!?
「どっちがいいの?風景写真」[特集2]
誰でも幻想的な工場夜景が撮れるようになる「夜の絶景写真 工場夜景」
[PICK UP]
・オリンパス OM-D E-M1 Mark II
・ソニー α99 II
・キヤノン EF16-35mm F2.8L III USM
・ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
・キヤノン EF24-105mm F4L IS II USM
[NEW FACE REPORT]
・シグマ 12-24mm F4 DG HSM | Art
・ニコン PC NIKKOR 19mm f/4E ED
・コシナ HELIAR Vintage Line 50mm F3.5
・ソニー RX100 V
・ニコン AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
・パナソニック LUMIX LX9

写ガール Vol.30[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

創刊から6年、おかげさまで『写ガール』は30号を迎えました。
30号記念特別企画の第一弾は「一生写真宣言!~だからわたしは写真を撮る~」。
写真家の横木安良夫さん、それに熱心に写真と向き合う30名に、
写真の魅力や楽しみを作品とともに紹介していただきました。
それぞれの話を通して、
あらゆる人を懐深く受け入れる写真の魅力に改めて気づかされます。
第二弾は、雑誌の裏表紙からはじまる「写ルンです」30周年×『写ガール』30号特別企画。
スナップ写真を題材に、グラビアやハウツー企画を通して「写ルンです」の魅力を余すことなくご紹介。
他、カメラカタログやフォトコンテスト「No Photo No Life」など、充実の一冊になっています!

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.13[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

デジタル全盛のいまだからこそ、フィルムカメラで写真を撮りたい!
はフィルムカメラを総力特集しました。
数あるフィルムカメラの中でも往年の名機との呼び声高いライカ、ハッセルブラッド、
ローライフレックスの三大ブランドにスポットを当て、その魅力を語り尽くします。
「ライカは今いくらで買えるの?」そんな疑問をスグに解消する
歴代モデル別、中古相場の動向チェックは見逃せません。
写真家の田村彰英さんと実際にフィルムカメラで横浜を撮り歩き、撮影の極意を教わりました。
ほかにもポラロイドで楽しむアートな写真の楽しみ方もご紹介。
現行フィルムカメラ&フィルムカタログも嬉しい、銀塩カメラを髄まで堪能するための一冊です。

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.1[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

デジタルカメラ全盛となっても、カメラ好き、写真好きが使う撮影ツールが
すべてデジタルカメラに変わっているわけではありません。
フィルムで撮ることの楽しさ、クオリティ、緊張感。
そしてずっと使い続けることのできる金属カメラの価値、
ダイヤルを操作して写すことの充実感などは、
デジタルカメラが発達、進化しても求められ続けるでしょう。
逆に、デジタル世代ともいえる10代、20代の若者が自己表現できる趣味の道具として
マニュアルな金属カメラを選択するという現象も見られます。
このような状況をふまえ、デジタルとの共存もふまえつつ、カメラが好き、
そして写真が好きな趣味人のためのカメラ誌「カメラマガジン」を発刊いたします。

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.8[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

デジタルカメラの技術革新はめざましく、そのクオリティは日々進歩しています。
しかし、その一方で「撮る」という素朴な行為や、
作品づくりの過程を楽しむことができ、長く使い続けることのできる
フィルムカメラの価値を再評価している写真好きも増えています。
今号もそんなフィルムカメラユーザが満足できる1冊になりました。
現在、活用可能なフィルムカメラ(現行・中古)の情報や
カメラと写真を楽しむ様々なライフスタイルの紹介。
デジタル時代だからこそ、逆にその美しさに足を止めてしまう
モノクロフィルムで撮る魅力の紹介など、
フィルムカメラのある暮らしを彩ってくれる1冊です。

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.14[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

デジタルカメラの普及により、誰でも簡単に写真を撮ることができるようになりました。
一方で、長く使い続けることのできる銀塩カメラと深い味わいを持つ銀塩写真の価値が見直され、
フィルムカメラを古いものとしてではなく、
じっくりと撮る、あるいは写真を撮る過程を楽しむ道具として捉えるユーザーも増えています。
14号の特集テーマは「アナログでマニュアルなカメラと写真の日々」。
カメラ、フィルム、レンズ、絞りとシャッタースピード。
たくさんの選択肢の中から自分の意思で選び、作る、フィルムカメラの普遍的な楽しみ方を多角的に紹介します。
金属カメラ、マニュアルレンズの機能美、ベタ焼きの魅力など、注目の企画満載でお届けします。

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.5[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

フィルムで撮ることの楽しさやクオリティ、独特の緊張感など、
ずっと使い続けられる銀塩カメラの価値は求め続けられています。
デジタルとの共存もふまえつつ、カメラが好き、
そして写真が好きな趣味人のために送る「カメラマガジン」の5号目。
良質な写真や撮る気を喚起するエッセイ、銀塩派向けの新情報、
そして撮影や作品撮りを楽しむためのノウハウなどがいっぱい詰まった1冊です。

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com