コンピュータ雑誌の電子書籍

コンピュータ雑誌の電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「コンピュータ雑誌の電子書籍」はこの10冊です。

flick! digital(フリックデジタル) 2017年7月号 Vol.69[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

いまさら始める、ヤフオク! メルカリ

ヤフオク!やメルカリ使ってますか?
日々の生活の一部になっている……という人がいる一方で、
なんだか面倒で……と、使っていない人も意外といる様子。
自宅の大量の荷物の中にも、意外なお宝が眠ってるかも!?
また、捨てようかと思って躊躇しているようなものも、
今後誰かの役に立つかと思えば、手放す決心をする助けになるかも。
また、今号では台湾の大展示会『COMPUTEX』、
アップル製品の将来を語る『WWDC(世界開発者会議)』をそれぞれ現地取材。
デジタルガジェットの業界の将来をいち早くレポートします!
東京女的生活などの連載も好評。

Mr.PC (ミスターピーシー) 2017年 8月号 [雑誌]

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【あなたのパソコン上達を丁寧にサポートするMr.PC】

今月号は、有料ソフトよりも使いやすいフリーソフト100本を大特集!



●夏のフリーソフト総選挙

●最新ダウンロード大全2017

●パソコン時短技ベストセレクション

など、パソコンが得意になる裏ワザを、今回もやさしく解説します!



【目次】



【総力特集】最強のフリーソフトをご紹介!

◆夏のフリーソフト総選挙



【第二特集】動画も!画像も!音楽も!

◆最新ダウンロード大全2017


【第三特集】時間を絶対にムダにしない!
パソコン時短技ベストセレクション


【特別企画】5000円以下の人気マウス集めました

◆U5000円PCマウス最強ランキング




◆最新! I Tニュース&トレンド

◆付録DVD-ROMの使い方

◆MONOQLO×Mr.PC

◆エクセル 超活用術

◆ワード 超活用術

◆最新フリーソフトランキング

◆新製品&型落ちピックアップ

◆ミスPサロン

◆バックナンバーのご案内

◆ミスクロ

◆読者プレゼント

ほか



※本商品は月刊誌『Mr.PC』の電子書籍版です。書店で販売している冊子版とは一部内容が異なる場合があります。

※冊子版に付属している「特別付録DVD-ROM」は本品には付属いたしませんが、付録内容相当のデータを専用ページからダウンロードすることが可能です。

flick! digital(フリックデジタル) 2017年6月号 Vol.68[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

フリック!が完全電子化して、5年弱。
当初はほとんどなかった電子書籍も、徐々に増えて、
着実に電子書籍を読む人が増えているのを感じる。
反面、紙の本の減少幅を支えるほどの経済的な効果を発生しているワケではない。
今現在、各配信元で電子書籍はどのぐらい売れているのか?
これから販売はどうなっているのか?
電子書籍大手のAmazon、BookWalkerや、
電子書籍で大成功したマンガ家の鈴木みそ氏に話を聞く。
その他、アップルが新たに配信を開始した動画クリップアプリClips、
マイクロソフトの最新アップデート、世間の話題を席捲した新SNSであるMastodonなどを特集。
東京女的生活、鞄の中身などの連載も好評。

flick! digital(フリックデジタル) 2017年5月号 Vol.67[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

3月21日に革命的なことが起こった。
Swift PlaygroundsとiBooksの『コードを学ぼう』が日本語化されたのだ。
これにより、iPadさえあればプログラミングの学習を始められるようになった。
また、これにともなって発売された新しい『iPad』は
教育分野で活用するのに最適な価格と性能を持っている。
そこで、教育分野でiPadを活用して成果を挙げている小学校、中学・高校一貫校、大学を取材。
その活用の方法をレポートする。
また1万6000台の導入に成功した積水ハウスでの様子もお届けする。
その他、iPhone 7/7 Plus PRODUCT RED、BOSE QC35、
マイクロソフトの音声認識サービス、VAIO Phone A、
おもいでばこなどの試用記事をお届けする。

デジタルカメラマガジン 2017年5月号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

【初回限定セール】2017年4月26日まで

[特集1]人気写真家37人がシャッタースピードの極意を伝授!
「シャッタースピード完全攻略」
[特集2]誰でも分かるマスクとレイヤーの使い方!!
「はじめてのプロフォトレタッチ」
[特集3]一度は撮ってみたくなる春と夏の風景写真
「美しい風景へのアプローチ 春・夏編」
[PICK UP]D500の性能を受け継ぐ小型・軽量一眼レフ
「ニコン D7500」
[NEW PRODUCT REVIEW]
シグマ 135mm F1.8 DG HSM | Art
シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
LAOWA 12mm F2.8 Zero-D

Web Designing 2017年2月号 [雑誌]


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。





企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

2月号の特集テーマは「Web動画マーケティング」です。
「いまは動画の時代である」と言われはじめてはや数年。インターネットで見られるコンテンツのうち、動画の割合が増えてきたことは言うまでもありません。SNSはもとより、コーポレートサイトなど、目にする機会が多くなった動画は、すでにマーケティングのツールのひとつとして考えるのが当たり前になっています。とはいうものの、いまのビジネスに動画がどんなメリットを与えてくれるの? という方も多いのでは。そんな方のためにも本特集では、利益を伸ばすためのポイント、トラフィックを増やす方法、SNSやYouTubeとの連携など、ビジネスに動画を活用するための知識や方法を、費用対効果に沿った形で解説します。大手企業のマネをするのではなく、自社のビジネスにあった動画の活用方法をお伝えします。

第1部「ここだけはおさえたい! 動画マーケティングの基礎知識」
・実録「マーケティグ動画のできるまで」
 実際に中小企業が動画マーケティングのプロに仕事を依頼した一つの案件について、ヒアリングから動画制作、納品、その後の分析/解析まで時系列で紹介。動画施策の一連の流れを疑似体験してみましょう。
・やさしく解説する「動画マーケティング」
 動画マーケティングについて、その考え方、ポイント、留意点などさまざまな点から、動画とマーケティングの関係についてわかりやすく解説します。
“動画マーケティング”その背景を考える
 なぜいまマーケティングに動画が利用されるのでしょうか。写真ではなく、動画であることの理由はたくさんありますが、スマートフォンの普及、それに応じた縦型動画の利用などなど、いま動画がマーケティングとして利用される背景について考えます。
・マーケティング視点で考える動画
 動画をマーケティングに利用するということは、単に写真を動画に入れ替えるということではありません。動画にすることの目的は、あくまでも自社の課題を解決するためです。課題を見つけ、それに応じたKPIを立て、PDCAを回していくという基本的な考え方が必要であることを改めて考えます。
・Facebook、Twitter、Instagram…SNSで展開する動画について
 SNSで動画はどのように扱われ、いかにマーケティングに利用できるのでしょうか。各SNSがプラットフォームとして用意する動画との親和性はもとより、利用する側が知っておきたいさまざまな知識について解説します。
・Youtubeで公開する動画について
 SNS同様、動画プラットフォームとして確立しているYouTube。広告としてだけでなく実際に動画を配信することで得られるメリット、マーケティングとして利用するための方法についてなど、あらかじめ知っておくべき基礎知識をまとめます。
・動画の効果を測定する方法、その考え方
 動画を利用したマーケティングでは、動画つくって終わりではありません。公開した動画がどのように見られているのか、アプローチしたい層に届いているのかなど、その効果を測定しながらさらなる改善が必要になってきます。そのための効果測定について、解説します。

第2部「事例集」
・5つの事例から学ぶ、動画マーケティングの現場からの視点

コラム
・費用対効果で考える自社の動画制作(予算と規模感の相関)
・中小企業が実践すべき動画マーケティング10か条

日経ソフトウエア 2017年 8月号 [雑誌]

※今号は、「C++の教科書」の電子データが電子雑誌巻末についていますが、紙版につくCD-ROM付録「プログラミングクエスト」は、電子データに含まれません。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。また、紙の本に付録が付いている場合、電子書籍/雑誌には含まれないこともあります。予めご了承ください。

特集1 基礎から実践まで Pythonで機械学習
  スッキリわかる! ディープラーニング
  実践! Chainerで画像認識

特集2 スマホ/タブレットアプリでプログラミング

特集3 Pythonで投資の王道を学ぼう

特集4 Raspberry Pi Zeroの楽しみ方

特集5 攻略! SHENZHEN I/O

特集6 Reactで次世代のWebフロントエンド開発

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート) 2017年7月号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

【初回限定セール】2017年6月4日まで

一度PCを作ったら、パーツをとっかえひっかえして長く付き合うのが自作の王道。でも、いつまで現役で使えるのかはっきりしないというのが本音かも。実際、5年前のCPUやGPU、SSDなどは“不満はないけど、交換必要?”という方も多いのです。そこで今回は、過去の人気パーツを最新パーツとの性能比較、そして“できること”の比較を通して、現役度を判定。継続使用がよいか、交換すべきか、乗り換え先製品まで含めて検討します。ゲーマーが気になる、古いCPU+新しいビデオカードは使い物になるの?という疑問も新旧CPU、GPUを取りそろえて一斉検証。また、パーツ交換時の具体的なノウハウや、今使っているパーツの延命テクニックなども紹介。愛機を強化し、末永く付き合うための情報をたっぷりまとめました。

付録はPC自作やWindowsに関する素朴な疑問に答える「PC自作Q&A事典 2017」。40超の疑問にズバッと回答します!

Mac Fan 2017年2月号 [雑誌]


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。





●Mac Fan 2月号のみどころ
【使ってわかった! MacBook Proの実力をチェック】

●表紙【平手友理奈&長濱ねる(欅坂46)】
~仲良し2人のおすすめアプリは?~

●第1特集【Macで得する 無料の良品】
~魅力溢れる 0円の世界にようこそ!~
「え、これも0円なの?」なんて、思わず驚いてしまうサービスが増えてきている昨今。Macライフを過ごすうえでも、見逃せない無料サービスが山ほどあります。身近なところで言えば、Mac App Storeなどから入手できる無料ソフトがそうです。昔だと有料ソフトでなければ実現できなかった機能が、今や無料ソフトに搭載されていることもあります。ほかにも、Macをカスタマイズできる美しい壁紙やフォント、スクリーンセーバ、 WEBサービス、オンラインストレージ、ロイヤリティフリー素材など、無料で質の高い、使わなきゃ損なものはたくさん! これを読んで、一切お金をかけずに、大満足のMacライフを過ごしましょう。

[Contents]
■使い勝手の不満はこれで解消! macOS Sierraの弱点を克服するソフト
■定番ソフトから異色ソフトまで 観るのも作るのにも役立つ動画ソフト
■iTunes連係ソフトを中心に揃えました Macの音楽環境をしっかり整えよう!
■突然のフリーズとはこれでおさらば Macの中身をパパっとお掃除!
■スラスラと文章が書ける魔法のテキストエディタがたくさん!
■0円装備でも守備力はめちゃくちゃ高い 万全のセキュリティ対策
■新世代0円ソフトでMacをより便利に使おう!
■無料オンラインストレージをとことん使いこなそう!
■いつでもどこでも学べる 0円ラーニングでスキルアップしよう!
■業務効率化に役立つ 優良WEBサービスを使いこなせ!

●第2特集【Apple製品 プロのスゴ技!お掃除テク】
~MacやiPhoneを新品の状態に蘇らせよう!~
いつも使っているMacやiPhone、iPad、そしてApple Watchは、毎日の生活に欠かせない相棒のような存在。でも、ふと見るとなんだか随分古びてきたような気が…? その原因の多くはボディやディスプレイ、コネクタ部分などに付着したゴミや汚れです。汚れたまま放っておくのは見た目にも美しくないですし、故障の原因にもなりかねません。これを機に、全部まとめて大掃除してみるのはどうでしょうか。とはいえ「電子機器の掃除」はどのように行うのか、どんなツール(道具)を使えば良いのかわからない方も多いでしょう。また、掃除のつもりが大切な製品を壊してしまっては元も子もありません。本特集では、アップル製品の掃除テクニックを一挙公開。これを読めば大事な愛機たちがきれいに蘇り、また新たな気持ちでスタートを迎えられるでしょう。

[Contents]
■アップル製品のお掃除ポイントをチェック
■Macをお掃除!(キーボード編・コネクタ編・ディスプレイ編・ボディ編)
■iPhoneをお掃除(コネクタ編・ディスプレイ編・ボディ編)
■Apple Watchをお掃除(ボディ&バンド編)
■アクセサリをお掃除(周辺機器&ケーブル編)

●トピック
■新MacBook ProのTouch Bar 生かすも殺すも「ソフトとあなた」次第
■新MacBook Proの最良の相棒 LGの4Kディスプレイを試す
■iPhoneで操作できるイマドキ家電! 対応製品とHomeKitの現状
■動き始めた「トランプ政権」、そのときAppleが進むべき道は?
■小学三年生からiPadを必携! 立教小学校の賢いデジタル教育
■エイズ撲滅運動への新たな取り組み、10年目の「Apple ×(RED)」
■AirレジのApple Pay対応で店舗の電子決済が変わる?

●ピックアップ連載
■Mac Fan BASIC(「写真」の基本・実践・応用・Q&A・TIPS)
■創造力を守るための時間確保(現場を変えるMobilityのアイデア)
■アートディレクター・佐藤ねじさんのiPhone(となりのアプリ)
■未来を生きる子どものため「デジタルなものづくり」実践(教育とアップル)
■競泳日本代表チームを下支えする「泳ぎ」の分析(No.1の分析力)
■クラウドソーシングのメリットとリスクの話(みらい企業のリテラシー)
■新規格「USB PD」が電源供給に起こす革命(今あるテクノロジー)
■新ファイルシステム「APFS」って何?〈後編〉(macOSのシンソウ)

Web Designing 2017年4月号 [雑誌]


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。





企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

4月号のテーマは「エンゲージメント」です。

競合他社のひしめく中、顧客に自社商品・サービスを選んでもらい、さらにリピートしてもらうのはなかなか難しい現在。
価格競争に巻き込まれることなく安定した収益を見込むための戦略の1つとして「エンゲージメント(愛着・共感)」向上があります。
顧客に自社商品、ひいては会社自体に興味を持ってもらい、贔屓にしてくれる「上客」を育てるにはどうすればいいのでしょうか。

本書では、「安定した収益を見込むための顧客エンゲージメント向上」をベースに、
顧客エンゲージメントを高めるとどんないいことがあるのか?
エンゲージメント(愛着・共感)を高めるには?
顧客のエンゲージメントは今どうなっているかを把握するには?
現在の顧客の声をデジタルをベースに聞き出すには?

と、段階と施策に分けて丁寧に解説します。

【Chapter01】安定収入を得るためには?
_エンゲージメントを上げることのメリット
_顧客の共感や満足度を高めること
_顧客の満足度とはどういうことか
…etc

【Chapter02】共感や満足度を高めるためには?
_カスタマーサクセスで成功のプランを設計する
_顧客を知るためのカスタマージャーニー
…etc

【Chapter03】現状を知るには?
_指標を持つことの重要性
_NPSで測れること、わかること
_CESで測れること、わかること
_なにを改善するかを理解する
…etc

【Chapter04】顧客の声を聞くには?
_各種アンケートで顧客の声を聞く
_SNSを利用する
…etc

SNSのエンゲージメント率とは?+P6

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com