文芸雑誌の電子書籍

文芸雑誌の電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「文芸雑誌の電子書籍」はこの10冊です。

週刊文春 3月2日号[雑誌]

■■■金正男「暗殺」現地総力取材
「日程を知る在日の秘書役がキーマン」重大証言■■■
犯行グループ10人の役割と本国からの指令/正男を取り巻く4人の妻/
犯人が手にした厚さ3センチの札束/「百回呑んだ」親友が明かす孤独と放蕩/
「マカオから出るな」長男に事件後北京から警告/
逮捕、北朝鮮国籍男のセレブ生活
■「金正男と私の13年」五味洋治(東京新聞編集委員)■
7時間インタビューし150通メールを交わした記者の哀悼手記
●マカオの自宅に招きいれた日本人美女の正体

■■清水富美加「幸福の科学」出家騒動
バンドマンとの“ドロ沼不倫”ベッキー報道で慌てて「別れよう」■■
出家騒動に続き、バンドマンとの“不倫”の過去が明らかになった清水富美加。
相手は人気ロックバンド「KANA-BOON」のメンバー飯田祐馬である。
二人が不倫を清算したきっかけは、
小誌が報じたベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の“ゲス不倫”だったのだ――。

■■石原慎太郎都政  謎の四男に「親バカ血税」全調査■■
・幼稚舎から慶応の「画家」原画作品を300万円で購入
・四男事業「能オペラ」に2400万円、使途不明600万円
・友人を事業の責任者に抜擢、不仲の部長を父に「代えてくれ」
・慎太郎が「買ったらどうか」四男関連絵画を新銀行東京が購入


●“安倍晋三小学校”校長の素性とスピード認可の裏事情
●「薄毛」治療最前線 女性も「男性型脱毛症」になる 名医リスト付
●「改造隠し部屋」で連続強姦 医者の皮をかぶった悪魔たち
●「名前を言いなさい!」テレビ復帰、高畑淳子が記者を恫喝
●NHK受信料サギ徴収員が懺悔「死人とも契約していた」
●「僕はずっと一人」“育児本ヒット”森昌子三男がライブで号泣
●君の名は。&黒子のバスケ 声優界にビッグカップル誕生!
●阿川佐和子のこの人に会いたい 大村崑(喜劇役者)

グラビア
●原色美女図鑑 朝比奈彩
●男の肖像 三浦和良50歳 情熱全開

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

文藝春秋2017年3月号[雑誌]

月刊「文藝春秋」3月号 おもな記事

【芥川賞発表】
◎「しんせかい」山下澄人
…倉本聰「富良野塾」での体験をもとに描く青春小説
◎インタビュー「倉本さんに舞台を降板させられた」
◎選評:吉田修一、小川洋子、村上龍、高樹のぶ子、奥泉光、
    山田詠美、宮本輝、堀江敏幸、島田雅彦、川上弘美

【特集】豹変するアメリカ
◎緊急シミュレーション 米中が激突する日
岡本行夫(外交評論家)/渡部悦和(元陸将)/
伊藤俊幸(元海将)/富坂聰(ジャーナリスト)
◎トランプはサイコパスである(中野信子)
◎史上最低の大統領就任式に潜入せり(町山智浩)

【大特集】理想の逝き方を探る
◎大アンケート 安楽死は是か非か
賛成:伊東四朗、筒井康隆、丹羽宇一郎、山田太一
反対:上野千鶴子、篠沢秀夫、外山滋比古、横尾忠則
◎娘を安楽死させた母の告白
◎ルポ 「病院で死なない」幸せな看取り
◎僧侶が認知症患者を見送って
◎私はこのがんで死にたい(近藤誠)
◎特別対談 橋田壽賀子×鎌田實
「私の問題提起はおかしいですか」

◎経産省は東芝を見放した
◎大企業「相談役・顧問」リスト
◎安倍昭恵「家庭内野党」の真実

※電子版では広告企画など掲載されていないページがあります。

週刊大衆 2017年2月27日号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


★袋とじ、グラビア収録

<日米関係妙計>
★日本にとって意外と使える「トランプ大統領取扱説明書」
☆持ち上げたかと思えば突き落とす! 世界の”台風の目”とどうつきあうべきなのか!? 正解はコレだった!

<球界転禍為福>
★小久保侍JAPAN「起死回生の秘策」見つけたり!
☆世界が注目する大エースが突然の出場回避。この絶体絶命の危機をどう乗り切るか。8年越しとなる王者の称号奪還の道を探る。

<代理戦争は圧勝!>
★小池百合子都知事「180日の甘辛通信簿」
☆ジャンヌ・ダルクと呼ぶ者あれば、ハッタリ女狐と見る向きもあり。東京都政に巻き起こる”旋風”を、有識者たちはどう採点するのか?

--------------------------------------------------
<旬NEWSワイド>
○朝ドラヒロインや大河女優の名も浮上
★関係者が暴露した「今年脱ぐ!美女優」

○白石麻衣 写真集は発売前に2度の増刷
★乃木坂46「AKB超え」快進撃の理由

○泥沼三角関係どころか純愛路線?
★前田敦子にラブラブ彼氏発覚!

○ソフトバンク「V奪還のキーマン」は
★大物ルーキー田中とベテラン松坂!

○浪速のケンカ弁護士 橋下徹
★「強すぎ」最新ステゴロ血風録

○自民安倍&稲田VS民進蓮舫&辻元
★永田町「毒舌タッグマッチ」舞台裏
---------------------------------------------------

<地獄耳情報>
★NHK女子アナ「最新お色気勢力図」
☆みなさまの公共放送に大異変。美女アナを本局に集結させ、男性視聴者をくぎづけにせんとしている!!

<実用ガイド>
★60代から始められる「一攫千金お手軽ビジネス」
☆還暦を迎えてもバリバリ働きたい! そんな方、必見。誰でも簡単にスタート可! ガッポリ稼げる仕事特集!

<仰天スクープ>
★「シャブ 乱交 SEXパーティ」全貌
☆覚醒剤を使ったセックスの味を知ってしまった人間たちが集う”肉欲の宴”。参加した元セクシー女優が実態を語る!

<要注意レポート>
★「病気になりやすい性格一覧」
☆ガンコな人、他人に気を遣う人、野心的な人、学歴を重視する人……疾病を持つ人は特徴があった!

<山口組分裂2017>
★会津小鉄会 分裂で「2人目の七代目会長誕生」!
☆幕末から続く京都の名門で、2月7日に前代未聞の分裂劇が起きた。2週間余り前に金子利典七代目会長が誕生した会津小鉄会に対し、同会を絶縁されていた原田昇元若頭が”2つ目の七代目会津小鉄会”を発足させ、六代目山口組サイドが儀式に列席したのだ!

○六代目山口組 神戸山口組 激動の1週間をダブル中継!
★2つの山口組「今年初の定例会」密着ドキュメント

○六代目山口組の有力親戚団体が本格始動!
★松葉会 伊藤芳将会長と直参初顔合わせ会 潜入撮


※「週刊大衆」電子版は、紙版とは内容が異なります。一部の連載小説は掲載されていません。その他にも掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

1958年4月創刊。名物袋とじ企画に加えて、あらゆるジャンルに独自の路線を突き進む記事が満載。色と欲とスキャンダルの総合週刊誌です。

無題 月刊文芸雑誌 樹木と果実 初号三月一日発行

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

文芸雑誌『原石』vol013 特集:ホラー短編小説

文芸雑誌『原石』 Vol.13
作家・高橋フミアキの主宰する文章スクールの仲間たちが
創刊した文芸雑誌です。
今回は、初めてのホラー短編小説特集。
ホラー小説とひとくちにいっても、いろいろなものがあります。
暑い夏の夜、この原石13号を読んでヒンヤリと涼んでみませんか。

週刊大衆 2017年2月20日号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


★袋とじ、グラビア収録

<隣国崩壊>
★それでも止まらぬ「韓国という病」
☆国際ルール無視の非常識な行いには呆れるばかり! 経済、軍事もズタボロで、笑う北朝鮮ばかりなり!

<球春到来>
★由伸巨人「まさかのV逸確定」ベンチ裏レポート
☆大物FA選手を買いあさり、「世紀の大補強」には成功も、消化不良になって内部分裂!? さあどうする? 高橋監督!!

<興奮報告>
★女優石原さとみ美ボディ「マル秘トレーニング」
☆たわわに実ったおっぱい、ぷるるんと弾けるヒップ。極上の体を維持するための見えない日々の努力とは?

<TV界真相>
★国民的人気番組『笑天』林家三平「追放計画」スッパ抜き
☆“爆笑王”の名跡を継いだ2代目がまさかの不人気。「どうもスイマセン」ではすまされない事態に発展!?

-------------------------------------------------
<旬NEWSワイド>
○舞台『キャバレー』大成功で新境地へ
★長澤まさみ「超ゴキゲン恍惚モード」突入

○交際中の一般男性と破局寸前か!?
★高橋真麻を悩ます「桃太郎侍症候群」

○テレビ局に視聴者リクエスト殺到で
★太川・蛭子「路線バスの旅」復活!?

○小久保JAPAN激震!
★投手大谷「WBC辞退」の舞台裏

○小冊子作成のアパホテルに中国が激怒!!
★南京事件「弾が飛ばない日中戦争」裏側

○安倍首相VSトランプ大統領
★「2.10日米ケンカ首脳会談」の行方
-------------------------------------------------

<業界地獄耳>
★TV各局人気女子アナ「取れたてホヤホヤしくじりスクープ」10連発
☆容姿端麗で品行方正な女性代表と思われがちな“高嶺の花たち”も、他人には言えない失敗がいろいろあるようで…。

<角界金言>
★歴代横綱たちの「心に染み入る名言集」
☆若乃花以来の昇進に、歓喜に沸く日本列島。この機会に、これまで角界の頂点に君臨した漢たちの「胸打つ」発言を誌上プレイバック!

<浮気リサーチ>
★「不倫する人妻」の見分け方
☆不貞行為に走る女性の心理には何があるのか。外見や仕草だけでは分からない、驚愕すべき傾向と特徴を識者が明かす!

<チェックリスト付き>
★「真冬の突然死」10の兆候
☆“ピンピンコロリ”が幸せとは言いますが、「それでも、やっぱり死にたくない!」のが人の心。危ないこの季節を乗り切るには!?

<山口組分裂2017>
★六代目山口組髙山清司若頭「国を獄中提訴」
☆<山口組ナンバー2、国を提訴>1月31日、ニュース配信サイトで、現在、服役中の六代目山口組現場指揮官に関する共同通信の記事が掲載された。異例の訴えの舞台裏とは。

★四代目山健組最高幹部が「遺体で発見!」
☆「神戸山口組中核組織の最高幹部が遺体で見つかった」1月30日夜、両山口組関係者の間に衝撃的な情報が出回った。
その後、亡くなったのは山健組の藤森吉晴若頭補佐であることが判明。何が起きたのか。

★法廷で断罪されたヒットマンの「黒い殺意と組織的動機」
☆昨年5月の神戸山口組系組幹部射殺事件の実行犯として逮捕された六代目山口組系組員に対し、岡山地裁は1月30日、無期懲役判決を下した。さらに、「組織敵動機があった」と指摘し、衝撃が走った。

★六代目山口組司忍組長と全直参が法要と墓参
☆山一抗争で暗殺!「竹中正久四代目の三十三回忌」


※「週刊大衆」電子版は、紙版とは内容が異なります。一部の連載小説は掲載されていません。その他にも掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

1958年4月創刊。名物袋とじ企画に加えて、あらゆるジャンルに独自の路線を突き進む記事が満載。色と欲とスキャンダルの総合週刊誌です。

週刊大衆 2017年2月13日号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


★袋とじ、グラビア収録

<東京騒然>
★小池百合子都知事が「本当に許せない奴ら」最新版
☆腐敗した利権をブチ壊して「都民ファースト」を実現!彼女の眼前に立ちはだかる若娘、老獪、権力者を猛撃!

<球界大展望>
★小久保侍JAPANは「WBCで世界一になる!」
☆王者の椅子から遠ざかって早8年。その栄冠を取り戻すべく船出する野球戦士たちの起用法はこれだ!

<艶女胸の内>
★宮﨑あおいと井上真央明暗分かれた「結婚の深層」
☆「運命の人」に出会ったら最後……。美しさと高い演技力で輝く芸能界の華の「ひとりの女」としての物語。

---------------------------------------------------------------------------------
<旬NEWSワイド>

○また昭和の大スターが一人、逝った…
★「仁義なき戦い」、マグロから私生活まで 追悼松形弘樹「本誌が見た漢の素顔」

○ドラマは高視聴率、離婚も成立していざブロードウェイ!
★「失敗しない女」はさらなる高みへ! 米倉涼子晴れ晴れ濡れ場誌上予想

○200億円番組「笑ってはいけない」消滅で日テレに激震!?
★ダウンタウン松本が決断した名物P&ヘイポーの「電撃リストラ」

○ライバル大谷には夜遊びで勝つ?
★阪神のエース藤浪晋太郎 金本監督も頭を抱えるミーハー一人暮らし

○横審委員も絶賛の強さ
★ついに19年ぶりの日本出身横綱誕生 大相撲「稀勢の里時代」が到来!

○ならず者国家 暴走寸前
★米新大統領就任で早くも動き出した 北朝鮮核ミサイルニッポン滅亡にロックオン

○就任前から「不支持率52%」の仰天実態
★ISからも暗殺予告されたトランプ新大統領の「首を狙うヤツら」
----------------------------------------------------------------------------------

<徹底取材>
★テレビ美女「エッチなハレンチ性癖」マル禁暴露
☆「なくて七癖」というように、人は誰でも自分だけのクセやこだわり、性癖を持っているもの。テレビ美女も事情は同じらしい。

<ギョーテン報告>
★人妻たちの「爆笑ヘンタイSEX」
☆楚々とした奥様がベッドでこっそり行う○珍プレー! イケナイことほど燃えるのは、人の性なんでしょうか

<携帯電話と健康特集>
★体調不良を招く「スマホの危険な使い方」
☆使いこなすのが大変……程度ならまだしも、触れるたびに健康に支障をきたしている!?中高年の身近な敵を大調査!

<政界スクープ>
★小泉進次郎「今秋結婚!」
☆日本の未来をその双肩に背負う、永田町の若き獅子。爆裂人気にもかかわらずいまだ独り身の彼に、いよいよ“その時”が訪れそうだ!

<警鐘レポート>
★中高年男性が狙われる街中に潜む「エロい罠」
☆女性問題で渦中のお笑い芸人のようなトラブルが自分に!?オジサン世代がターゲットのハニートラップがあるという。

<山口組分裂2017>
★会津小鉄会 名門分裂の盃儀式
☆内部対立に揺れる会津小鉄会が1月21日、厳戒態勢の中で継承式を挙行し、馬場美次会長が総裁に、金子利典会長代行が七代目に就任、直参20人体制でスタートした。2つの山口組による名門“争奪戦”も噂される中、騒動は落ち着くのか。

★六代目山口組「司忍組長の誕生会と新年会」一部始終
☆六代目山口組は司忍組長の誕生日である1月25日、神戸市内の総本部で誕生会を兼ねた新年会を開いた。前日にはその祝いで、関東の親戚2団体も同所を訪問。その一部始終に完全密着した。


※「週刊大衆」電子版は、紙版とは内容が異なります。一部の連載小説は掲載されていません。その他にも掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

1958年4月創刊。名物袋とじ企画に加えて、あらゆるジャンルに独自の路線を突き進む記事が満載。色と欲とスキャンダルの総合週刊誌です。

文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌]

教科書では教えない
入門 新世界史
◎モンゴル帝国VS.五賢帝ローマ
安全、食事、健康、言論・行動の自由……。
最も人々が暮らしを謳歌した時代は?
「史上『最高の国』はどこだ?」出口治明
◎トランプ以後の世界史を語ろう エマニュエル・トッド
■■教科書に載ってない世界史14■■
◎古代ギリシアはペルシア帝国に操られていた 森谷公俊 
◎人間孔子とは何者だったのか 呉智英
◎ローマ帝国を滅ぼした難民と格差 井上文則 
◎女子継承で争ったヨーロッパ王室史 海野弘
◎ルネサンスを破壊した宗教改革 宮下規久朗
◎マキャヴェッリはなぜ『君主論』を書いたのか 原基晶
◎明を揺るがした日本の火縄銃 久芳崇
◎戦略家家康が駆使した「同盟の論理」 エドワード・ルトワック 
◎“金貸し”ニュートン 二つの錬金術 東谷暁
◎フランス革命も「外圧」の産物だった 中野剛志 
◎歴史人口学から見た太平天国の乱 上田信
◎トランプには真似できない大英帝国の支配術 中西輝政
◎臆病なビスマルクがドイツ帝国をつくった 臼井隆一郎
◎韓国大統領はなぜ悲惨な末路を迎えるのか 木村幹 
■■10分でわかる!気になる国の歴史■■
◎ナポレオンが火をつけたロシアの魂 中村逸郎
◎北朝鮮 粛清とミサイルの起源 鐸木昌之 
◎インド 開かれた亜大陸 脇村孝平
◎イラン 古代帝国から核開発までの二千五百年史 宮崎正勝
◎ラテンアメリカ 米国との終わりなき闘い 野谷文昭
◎「『古代ローマを調べてくれ』
孫正義が歴史から学んだ 三〇〇年帝国のつくり方」嶋聡
◎大転換がやってくる! 金利・株式会社・資本主義の終焉 水野和夫
■■世界を動かすアメリカ史■■
◎全採点! アメリカ大統領の値打ち戦後編 福田和也
◎トランプ対CIA 冷戦後に何が起こったのか? 春名幹男
◎「南シナ海で米中衝突」を予言! 1942年イエール大白熱授業 奥山真司
◎共和党VS.民主党 日本人が知らないアメリカ史 渡辺惣樹
■特別講義 宗教を知れば日本史がわかる■ 本郷和人
■大日本史(5) 満州事変と天皇機関説■ 山内昌之×佐藤優

週刊大衆 2017年2月6日号[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


★袋とじ、グラビア収録

<日米近未来>
★安倍首相も知らない トランプ大統領「対日本戦略」全貌
☆「アイ・アム・トランプ!」。世界中に衝撃を与える男が描く戦略に極東の島国はどう準備すべきなのか。

<球界スクープ>
★プロ野球「大物選手たちの去就」スッパ抜き
☆二刀流のメジャーの移籍先、北海道の和製大砲が来季に着るユニフォーム、高校生怪物の進路まで、大公開!

<撮影即出し>
★今年の橋本マナミも「フェロモン暴走が止まらない!」 
☆類まれなるセクシーさとサービス精神で話題を提供し続ける“エロ女神”が、今年もさっそくやってくれた。溜め息と興奮に満ちたその模様を余すことなく、秘蔵の写真とともに公開する!

--------------------------------------------------------------------------------------
<旬NEWSワイド>
○これで“濡れ場”に抵抗はなくなった!? 
★人気女優のおっぱい激揺れを誌上中継 長澤まさみ「巨乳ぶるぶる舞台」詳報

○「乗り越えなかったら次はない」
★キムタクは「再結成を示唆」したSMAP解散後メンバーの仰天発言

○ドラマ収録現場では得意の下ネタ連発も… 
★関ジャに∞大倉とは破局していた!! 吉高由里子「ラブラブ居酒屋デート」目撃

○超合金ボディと瞬発力をキープ!!
★御年49歳三浦カズがやってる 生涯現役!! キング健康法

○新練習も取り入れてパワーアップ!! 
★鬼門の初場所を乗り越えた!! 稀勢の里「年内綱取り確率90%」

○すわ、“ポスト安倍”に向けた肉体改造か!?
★分刻みスケジュール菅官房長官が「ジム通いでマッチョに変身中!」

--------------------------------------------------------------------------------------
<桃色(秘)報告>
★人気女子アナ「早春の下半身ニュース」一挙出し
☆お茶の間が興奮に包まれたエロ事件から肉食すぎる男事情まで。清楚な見た目に隠された素顔を大暴露する。

<夜の(新)作法>
★週刊大衆流「死なないSEX」10の条件
☆「生涯現役」を気取って無視して、気づけば文字通り、ああ“昇天”…これじゃなんとも浮かばれない。円熟大人の楽しみ方、教えます!

<フリー目前!?>
★男性アナ「ポスト宮根誠司」跡目争い
☆遠くの者は耳に聞け。近くの者は目にも見よ。これぞ三寸の舌先を武器に、王者の座を狙う男たちなるぞ!

<シーズン直前>
★今から始める「とっておきの花粉症対策」決定版
☆巷では“効果テキメン”といわれる治療や対症療法は数多あるけれど、本当に効くのは、いったいどれか!?

<女傑苦境>
★小池百合子都知事が呑まれる豊洲新市場のドロ沼絶望
☆「食の安心」を守るどころか正反対の結果が出た。退くも地獄、進むも地獄の窮地に立たされた改革者の進む道は!?

<モザイク最前線>
★いったいどうなる!?「無修正AV」
☆禁断のアダルト動画を海外から配信するサイトの関連会社に、当局のメスが。事件を追った!

<山口組分裂2017>
★神戸山口組と会津小鉄会会長派「電撃接触」舞台裏
☆新年早々、京都の名門ヤクザ組織で表面化した内紛劇。2つの山口組によるトップ人事介入も噂されて不穏な空気が流れる中、六代目会津小鉄会会長らが1月15日、神戸山口組の関連施設に姿を見せた!


※「週刊大衆」電子版は、紙版とは内容が異なります。一部の連載小説は掲載されていません。その他にも掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

1958年4月創刊。名物袋とじ企画に加えて、あらゆるジャンルに独自の路線を突き進む記事が満載。色と欲とスキャンダルの総合週刊誌です。

#公開書簡フェア

2015年大晦日にTwitterでのやりとりから始まった小説家・絲山秋子と10人の書店員による「#公開書簡フェア」で交わされた70通307枚の手紙をすべて収録。作品論や創作の秘密から個人的な思い出など、小説やエッセイでは知ることのできない作家の姿を浮き彫りにされると同時に、まるで小説の登場人物のように生き生きと語り出す書店員の姿が心に迫る。フェア後に行なわれた公開座談会の様子も収録。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com