夢野久作の電子書籍

夢野久作の電子書籍-Recommended e-Books-

今Amazonで売れている人気の「夢野久作の電子書籍」はこの10冊です。

ドグラ・マグラ

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

瓶詰地獄

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

夢野久作全集 決定版 全157作品 (インクナブラPD)

 本書は大正から昭和にかけてSF作家、探偵小説家、幻想文学作家として人気のあった夢野久作の代表作を収録した電子書籍の決定版です。収録作品は全一五七作品となります。収録した作品は全十一巻からなるちくま文庫版の『夢野久作全集』に準拠して並べています。ちくま文庫版に収録されていない作品は第十二巻にまとめています。第十二巻ではわかる限り発表年代順に掲載しています。

●青空文庫にない「犬神博士」「氷の涯」「童貞」を収録
 本書では 日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる『ドグラ・マグラ』は当然のことして、現時点で青空文庫に収録されていない「犬神博士」「氷の涯」「童貞」もテキスト化して掲載しました。
 「犬神博士」は『福岡日々新聞』に連載された長編です。犬神博士が幼少の頃、旅芸人としてさすらって筑豊の石炭を巡る利権闘争に巻き込まれていくというものです。夢野久作の父杉山茂丸や頭山満の壮年期時代の福岡を背景に描かれたものですが、途中で打ち切られた作品です。第11巻の「挿絵と闘った話」に少し触れられています。
 「氷の涯」は大正九年の哈爾賓《ハルピン》を舞台にしたエキゾチックなストーリーです。哈爾賓は明治四二年に伊藤博文が暗殺された場所ですが、緯度でいうと北海道の最北端あたりになります。哈爾賓から松花江伝いにハバロフスクを経てウラジオストックまでの逃避行が語られます。ロシア革命直後の中国東北部の様子がありありと活写される名作です。
 「童貞」は全てを犠牲にして天才ピアニストとして名声を得た一人の青年が、死の病にかかり、死の間際に病院を抜け出して町を彷徨い、艶かしい美少女に出会い心をときめかせる話です。しかしその美少女の正体は…。
 いずれも夢野久作ファンであれば必ず目を通しておきたい作品です。

●iPhone用目次を追加
 Kindle用電子書籍の目次は二種類あります。一つはKindle PaperwhiteやKindle FireなどのKindleデバイスで表示される目次です。もう一つはepub3で決められた目次で、iPhoneで目次をメニューに表示させるにはepub3の目次が必要です。本書ではそれぞれの作品にアクセスしやすくするために、iPhoneのメニューから目次ページにアクセスできるようにしています。iPhoneやAndroidのKindleアプリをお使いの場合、メニューから簡単に目次ページにアクセスできます。

●JIS X2013に含まれない漢字はすべて画像化
 本文中にはJIS X2013以外の漢字やユニコードにも存在しない漢字があります。それらの漢字は明朝体で作字して画像として埋め込んでいます。ユニコードに含まれていてもJIS X2013には用意されていない字形(主にJIS X2013にはなくて中国漢字に含まれる字形)もありますが、それらの漢字はiPhoneで表示すると、強制的にゴシック体に置き換えられてしまいます。本書ではそれらも含めてJIS X2013に存在しない漢字はすべて明朝体の画像として表示されますので、明朝体のままお読みいただけます。

●主要作品を発表年代順のリストを掲載
 本書の冒頭に国枝史郎の代表作を発表年代順に並べたものを作成しました。作品名をタップするとタイトルページが開きます。代表作を発表順に読みたい場合にご利用ください。

一九一七年(大正 六年)
  三月「謡曲黒白談」を『白黒』に連載。( - 一九一八年二月)
一九二二年(大正十一年)
 十一月「白髪小僧」を誠文堂より刊行。
一九二四年(大正十三年)
  十月「街頭から見た新東京の裏面」を『九州日報』に連載。( - 十二月)
一九二五年(大正十四年)
  一月「東京人の堕落時代」を『九州日報』に連載。( - 五月)
  五月「黒白ストーリー」『白黒』に発表。
一九二六年(大正十五年)
  五月「あやかしの鼓」が博文館の懸賞小説で二等に入選。
一九二七年(昭和 二年)
  七月「いなか、の、じけん」の初回を『探偵趣味』に発表。
  八月「うた(猟奇歌)」の初回を『探偵趣味』に発表。
一九二八年(昭和 三年)
  十月「死後の恋」を『新青年』に発表。
  十月「瓶詰の地獄」を『猟奇』に発表。
一九二九年(昭和 四年)
  一月「押絵の奇蹟」を『新青年』に発表。
  四月「支那米の袋」を『新青年』に発表。
  七月「鉄槌行進曲(鉄鎚)」を『新青年』に発表。
  十月「空を飛ぶパラソル」を『新青年』に発表。
一九三〇年(昭和 五年)
  八月「童貞」を『新青年』に発表。
  九月「能とは何か」を『新青年』に発表。
一九三一年(昭和 六年)
  九月「犬神博士」を『福岡日々新聞』に連載。( - 一九三二年一月)
一九三二年(昭和 七年)
  四月「焦点を合せる」を『文学時代』に発表。
 十一月「キチガイ地獄」を『改造』に発表。
一九三三年(昭和 八年)
  一月「暗黒公使」を新潮社(新作探偵小説全集 全九巻)より刊行。
  一月「けむりを吐かぬ煙突」を『新青年』に発表。
  一月「縊死体」を『探偵クラブ』に発表。
  二月「氷の涯」を『新青年』に発表。
一九三四年(昭和 九年)
  二月「山羊髯編輯長」を『オール読物』に発表。
一九三五年(昭和 十年)
  一月「探偵小説の正体」を『ぷろふいる』に発表。
  一月「ドグラ・マグラ」をを松柏館書店より刊行。
  六月「超人鬚野博士」を『講談雑誌』に連載。( - 十一月)
  九月「二重心臓」を『オール読物』に発表。
  九月「父杉山茂丸を語る」を『文芸春秋』に発表。
一九三六年(昭和十一年)
  一月「人間レコード」を『現代』に発表。
  三月「人間腸詰」を『新青年』に発表。
  三月「悪魔祈祷書」『サンデー毎日』に発表。
  三月「少女地獄」を黒白書房より刊行。

●夢野久作全集 決定版 収録作品

・夢野久作全集㈠ 白髪小僧・キキリツツリ
白髪小僧/正夢/猿小僧/三つの眼鏡/青水仙、赤水仙/白椿/黒い頭/若返り薬/クチマネ/虫の生命/雪の塔/キキリツツリ/お菓子の大舞踏会/先生の眼玉に/雨ふり坊主/奇妙な遠眼鏡/オシャベリ姫/豚吉とヒョロ子/ルルとミミ

・夢野久作全集㈡ 街頭から見た新東京の裏面
街頭から見た新東京の裏面/東京人の堕落時代

・夢野久作全集㈢ 猟奇歌・押絵の奇蹟
猟奇歌/あやかしの鼓/押絵の奇蹟/童貞/鉄鎚/怪夢/ビルディング/縊死体/月蝕/微笑/人の顔/卵/夫人探索/奥様探偵術/霊感!/悪魔祈祷書/白菊/髪切虫/けむりを吐かぬ煙突/涙のアリバイ/黒白ストーリー

・夢野久作全集㈣ いなか、の、じけん
いなか、の、じけん/巡査辞職/笑う唖女/眼を開く/空を飛ぶパラソル/山羊髯編輯長/斜坑/骸骨の黒穂/女坑主/名君忠之

・夢野久作全集㈤ 犬神博士・超人鬚野博士
犬神博士/超人鬚野博士

・夢野久作全集㈥ 氷の涯・死後の恋
氷の涯/死後の恋/支那米の袋/爆弾太平記/焦点を合せる/幽霊と推進機/難船小僧/人間腸詰/ココナットの実/戦場

・夢野久作全集㈦ 暗黒公使
暗黒公使

・夢野久作全集㈧ 瓶詰地獄・少女地獄
瓶詰地獄/一足お先に/狂人は笑う/キチガイ地獄/復讐/冗談に殺す/木魂/少女地獄

・夢野久作全集㈨ ドグラ・マグラ
ドグラ・マグラ

・夢野久作全集㈩ 二重心臓・人間レコード
老巡査/衝突心理/無系統虎列刺〈コレラ〉/近眼芸妓〈げいしゃ〉と迷宮事件/S岬西洋婦人絞殺事件/二重心臓/継子/人間レコード/芝居狂冒険/冥土行進曲/オンチ/斬られたさに/白くれない/名娼満月

・夢野久作全集(十一) エッセイ・評論・伝記
所感/ナンセンス/江戸川乱歩氏に対する私の感想/涙香・ポー・それから/挿絵と闘った話/路傍の木乃伊/書けない探偵小説/探偵小説の正体/スランプ/探偵小説の真使命/甲賀三郎氏に答う/私の好きな読みもの/創作人物の名前について/探偵小説漫想/近世快人伝/父杉山茂丸を語る/梅津只円翁伝/謡曲黒白談/能とは何か/鼻の表現

・夢野久作全集(十二) 童話・エッセイ・その他
寝ぼけ/キューピー/犬のいたずら/章魚の足/どろぼう猫/働く町/きのこ会議/キャラメルと飴玉/犬の王様/ドン/犬と人形/豚と猪/ペンとインキ/蛇と蛙/森の神/人形と狼/約束/二つの鞄/二人の男と荷車曳き/医者と病人/懐中時計/鷹とひらめ/狸と与太郎/鉛筆のシン/電信柱と黒雲/梅のにおい/がちゃがちゃ/ツクツク法師/虻のおれい/鵙征伐/お金とピストル/線路/ざんげの塔/「生活」+「戦争」+「競技」÷0=能/怪青年モセイ/実さんの精神分析/殺人迷路(連作探偵小説第七回)/塵/呑仙士/お茶の湯満腹談/道成寺不見記/ビール会社征伐/古い日記の中から/良心・第一義/雪子さんの泥棒よけ/恐ろしい東京/狂歌師赤猪口兵衛──博多名物非人探偵/能ぎらい/能好き/能という名前

少女地獄

幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の連作小説。「新青年」[1934(昭和9)年]に「殺人リレー」を発表したのち、これに「何んでも無い」「火星の女」を加え、「かきおろし探偵傑作叢書 第一巻」(昭和11年、黒白書房)として刊行。遺書、書簡、新聞記事など、さまざまなタイプの文章を駆使しながら、少女たちの破滅を描く。

ドグラ・マグラ(上)<ドグラ・マグラ> (角川文庫)

昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に、著者の思想、知識を集大成する。

少女地獄 (角川文庫)

可憐なる美少女”姫草ユリ子”は、すべての患者、いな接触するすべての人間に好意を抱かせる、天才的な看護婦だった。その秘密は、彼女の病的な虚言癖にあった。一つのウソを支えるために、もう一つの新しいウソをつく。無限に増幅されたウソの果ては、もう、虚構世界を完成させるための自殺しかない。そして、その遺言状もまた……。〈夢幻〉の世界を華やかに再現する夢野久作。書簡体形式で書いた表題作ほか、男女の宿命的断層を妖麗に描いた「女坑主」「童貞」を収める傑作集。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

キチガイ地獄

幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小説。初出は「改造」[1932(昭和7)年]。日本小説文庫「冗談に殺す」[春陽堂、1933(昭和8)年]収録の際に若干の修正がなされた。北海道の炭坑王と呼ばれていた谷山家の養子・秀麿を自称する精神病患者は、院長に退院の申し入れをするのだが……。夢野作品に数多く見られる独白体の形式をとる。

『夢野久作全集・154作品⇒1冊』 【さし絵・図解つき】

三大奇書の双璧、夢野久作の「ドグラ・マグラ」と、小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」を含めた、二著者の作品群を、原作オリジナルの、50枚をこすさし絵と図解をそえて1冊に収録。夢野久作・154作品。小栗虫太郎・22作品。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

『夢野久作全集・154作品⇒1冊』収録作品一覧・アイウエオ順

【夢野久作作品】

青水仙、赤水仙
悪魔祈祷書
虻のおれい
雨ふり坊主
あやかしの鼓
縊死体
医者と病人
いなか、の、じけん
犬と人形
犬のいたずら
犬の王様
梅津只圓翁伝
梅のにおい
難船小僧
S岬西洋婦人絞殺事件
江戸川乱歩氏に対する私の感想
鉛筆のシン
お菓子の大舞踏会
お金とピストル
奥様探偵術
押絵の奇蹟
オシャベリ姫
恐ろしい東京
お茶の湯満腹談
オンチ
女坑主
骸骨の黒穂
怪青年モセイ
懐中時計
街頭から見た新東京の裏面
怪夢
書けない探偵小説
がちゃがちゃ
鉄鎚
髪切虫
キキリツツリ
キチガイ地獄
きのこ会議
キャラメルと飴玉
キューピー
狂歌師赤猪口兵衛
狂人は笑う
斬られたさに
近眼芸妓と迷宮事件
近世快人伝
空を飛ぶパラソル
クチマネ
黒い頭
月蝕
けむりを吐かぬ煙突
甲賀三郎氏に答う
黒白ストーリー
ココナットの実
挿絵と闘った話
殺人迷路
猿小僧
ざんげの塔
死後の恋
支那米の袋
芝居狂冒険
斜坑
巡査辞職
少女地獄
冗談に殺す
衝突心理
所感
白髪小僧
白菊
白くれない
白椿
木魂
スランプ
「生活」+「戦争」+「競技」÷0=能
戦場
先生の眼玉に
線路
創作人物の名前について
暗黒公使
鷹とひらめ
章魚の足
狸と与太郎

探偵小説の正体
探偵小説の真使命
探偵小説漫想
父杉山茂丸を語る
超人鬚野博士

ツクツク法師
電信柱と黒雲
東京人の堕落時代
道成寺不見記
ドグラ・マグラ
どろぼう猫
ドン
涙のアリバイ
ナンセンス
二重心臓
人形と狼
人間腸詰
人間レコード
寝ぼけ
能ぎらい/能好き/能という名前
能とは何か
蚤と蚊
呑仙士
爆弾太平記
働く町
鼻の表現
ビール会社征伐
一足お先に
人の顔
ビルディング
瓶詰地獄
焦点を合せる
復讐
奇妙な遠眼鏡
夫人探索
豚吉とヒョロ子
二つの鞄
豚と猪
二人の男と荷車曳き
古い日記の中から
蛇と蛙
ペンとインキ
微笑
正夢
継子
三つの眼鏡
実さんの精神分析
無系統虎列剌
虫の生命
名君忠之
名娼満月
冥土行進曲
眼を開く
鵙征伐
森の神
山羊髯編輯長
約束
幽霊と推進機
雪子さんの泥棒よけ
雪の塔
謡曲黒白談
猟奇歌
良心・第一義
涙香・ポー・それから
ルルとミミ
霊感!
老巡査
路傍の木乃伊
若返り薬
私の好きな読みもの
笑う唖女

【小栗虫太郎作品】

一週一夜物語
オフェリヤ殺し
紅毛傾城
「黒死館殺人事件」著者之序
黒死館殺人事件
後光殺人事件
獅子は死せるに非ず
失楽園殺人事件
地虫
白蟻
人外魔境 有尾人
人外魔境 天母峰
人外魔境 水棲人
人外魔境 遊魂境
人外魔境 地軸二万哩
聖アレキセイ寺院の惨劇
絶景万国博覧会
潜航艇「鷹の城」
「太平洋漏水孔」漂流記
人魚謎お岩殺し
方子と末起
夢殿殺人事件

【夢野久作全集・出版委員会】

きのこ会議

幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小説。初出は「九州日報」[1922(大正11)年]。ある晩、きのこ達が集まって談話会を催す。傘を広げ種子を撒く前に人間に摘み取られてしまうことをなげく松茸に対して、毒きのこの一団は、自分たちのように「人間の役に立たない毒」になるべきと主張するのだったが、そこに人間の家族が現れる。

死後の恋

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

過去のユーザー投稿はこちら

©colleqto.com